アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科
050-3138-3592
土日診療 大森駅バスロータリー前
無料相談を LINEで予約 無料相談を WEBで予約

矯正治療はいつからしたほうがいいの?(小児矯正編)

コラム

矯正治療には「小児矯正」と「成人矯正」があります。2つの矯正治療では治療目標が異なります。今回は小児矯正についてお話します。

小児矯正について

小児矯正は上の一番前の前歯(中切歯)が生える時くらいからはじめることが多いです。小児矯正の大きな特徴は成人矯正と違って「骨格」の矯正治療を行うことができます。例えば、受け口気味であれば上顎の成長を促進してあげる装置を使うことで治療することが可能です。また、現代の子供は顎が小さくなにもしないと歯並びがガタガタになってしまうことが多いです。成長期に行う小児矯正治療によって顎を無理なく広げてあげることで歯並びをできるだけ整えてあげる事ができます。

しかし、小児矯正を行っている時は歯の生え変わり中であったり、また思春期には大きく骨格が変化することもあり口腔内の環境も大きく変化する時期でもあります。中には小児矯正だけで歯並びがきれいに整う方もいらっしゃいますが、モデルさんのようにきれいな歯並びを目指すことは難しいです。小児矯正は次回、コラムでお伝えする成人矯正にて、きれいな歯並びを目指すためにお口の土台を整える治療です。

小児矯正はやった方がいいの?

小児矯正をすると、将来成人矯正を行う際に抜歯になる可能性が低くなります(絶対抜歯を回避できるかと言われたらそうではありません)。また、成人矯正は早くても中学1、2年生の頃からスタートすることが多いです。身長の伸びがある程度止まらないと治療を始めることはできません。よって、ガタガタが強い方だと成人矯正治療をはじめる前に虫歯が増えてしまうことも考えられます。中学生になるとガタガタが強いことでそれがコンプレックスになってしまうこともありますが学校行事などで忙しくなりなかなかクリニックに通えないということもあります。

上顎と下顎のバランスが悪い方は小児矯正を行わないと、成人矯正が外科的矯正治療(顎を手術することによって骨格的に治療する)の適応になってしまうこともあります。

小児矯正を行うとすべての歯が生え揃ったあと、あまり歯並びがガタガタにならずある程度整った状態で日常生活を過ごせることが多いメリットがとても多い治療です。もし歯並びが少しでも気になっていたら、一度当院で矯正相談をさせて頂き、小児矯正が必要かどうか判断致します。

無料相談 24時間WEB予約

著者紹介

日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士 院長

院長 冨田 大介(日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士)

現在、矯正治療を受診する方法の多様化が進んでいます。幅広い矯正治療方法の中から歯並びや患者様のご希望に合わせた最適な治療法を選択しご提供できるのが、矯正治療専門の医師ならではの特徴です。 適切な治療を提供するために当院では、矯正専門の医師が、各分野専門の医師の在籍する一般歯科と連携し、最新の設備で矯正治療を行います。

詳細へ
無料相談を
LINEで予約
無料相談を
WEBで予約