アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科
050-3138-3592
土日診療 大森駅バスロータリー前
無料相談を LINEで予約 無料相談を WEBで予約

ワイヤー矯正中の歯磨きはどうする?

コラム

ワイヤー矯正中の歯磨きについて

今回はワイヤー矯正中の歯磨きのコツをご紹介していきます。

基本的には、優しく歯と歯の間や歯と歯茎の境目に当たるよう意識して磨きましょう。

汚れを落とすために力強く磨いてしまう方が多いですが、歯や歯茎にダメージを与えてしまう原因になってしまうのでお勧めいたしません。

過度に力がかからないように、歯ブラシは鉛筆を持つように握り、そして歯ブラシを小刻みに動かし一本一本丁寧に磨きましょう。

ポイント① ワイヤー上部と下部

ワイヤーに沿って、歯ブラシを斜め45度に方向け、毛先が細部まで届くように磨きましょう。1本ずつ丁寧に磨くことを心掛けてください。

ポイント② ブラケット周り

特に汚れが付着しやすい場所ですので、こちらも歯ブラシを45度に傾け、念入りに磨きましょう。さらに、斜め上、斜め下などに角度を変えて磨くことで汚れが落としやすくなります。

ポイント③ 歯と歯茎の境目

歯と歯肉の間に溜まった歯垢は、いずれ歯石となり、自分自身では取れなくなってしまいます。矯正装置の周りだけでなく、歯と歯肉の間も毛先を入れて優しく磨いてあげましょう。

ポイント④ 前歯の裏

歯ブラシを縦にむけて、「かかと」をうまく使って汚れをかき出しましょう。
歯面だけでなく、歯と歯茎の間もしっかりと磨いてください。

ポイント⑤ 奥歯

歯列矯正中でなくても奥歯は磨き残しをしやすいので、
頬側、舌側どちらも歯ブラシの毛先を届かせてしっかりと磨きましょう。

●歯ブラシ以外にもタフトブラシや歯間ブラシ、フロスなどの【補助用具】も活用しましょう。

タフトブラシ

一般的な歯ブラシでは毛先が届きにくいところに適しており、歯ブラシの後タフトブラシでの清掃を追加することで歯垢を効率よく除去することができます。

歯間ブラシ

歯と歯の間や矯正装置周りに使用します。

隙間が狭い方は無理に入れようとせず、フロスを使うようにしましょう。

様々なサイズや種類があるのでわからない方はお気軽にスタッフにお尋ねください。

フロス

歯と歯の間にはデンタルフロスが有効です。

普通のフロスではワイヤーがあるため通すことが困難ですが、ワイヤー専用のフロスというものがあります。

こちらはサンプルでもお渡しいていますが購入も可能です。

ぜひ使用感をお試しください。

品川区で矯正歯科ならアイコネクト大森矯正歯科へ

無料相談 24時間WEB予約

著者紹介

日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士 院長

院長 冨田 大介(日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士)

現在、矯正治療を受診する方法の多様化が進んでいます。幅広い矯正治療方法の中から歯並びや患者様のご希望に合わせた最適な治療法を選択しご提供できるのが、矯正治療専門の医師ならではの特徴です。 適切な治療を提供するために当院では、矯正専門の医師が、各分野専門の医師の在籍する一般歯科と連携し、最新の設備で矯正治療を行います。

詳細へ
無料相談を
LINEで予約
無料相談を
WEBで予約