アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科
050-3138-3592
土日診療 大森駅バスロータリー前
LINE 予約 Web 予約

ワイヤー矯正で使う器具の違いについて

コラム

ワイヤー矯正は歯に専用の接着剤で接着するブラケットとワイヤーを使って治療をしていきます。ブラケットとワイヤーは色、素材が様々あり、お口の中の状況や患者様のご希望によって使い分けていきます。

①ブラケット

1、メタルブラケット

金属で作られているため、壊れにくく、コンパクトな装置です。かみ合わせが深く、ブラケットをつけるスペースがない歯にも接着することが出来ます。また、耐久性が高いので奥歯には基本的にはどの患者様もこの装置をつけます。

3、クリアブラケット

プラスチックで作られているため、色は透明です。審美性が良い装置ではありますが、時間が経過するとやや装置に着色が見られたり、汚れが付きやすいです。

2、セラミックブラケット

セラミックで作られているため、色は白くとても審美性が高いです。硬い素材なので壊れにくく、また着色しにくいので矯正治療中はより美しさをキープすることが出来ます。

②ワイヤー

1、ニッケルチタンワイヤー

ワイヤー矯正のはじめの段階で使用することが多いです。形状記憶のワイヤーを用いて歯をまっすぐ並べることを目的にしています。

2,ステンレススチールワイヤー

歯がまっすぐになった後に使用することが多いです。固く、曲げ込みができるワイヤーになるので、1歯1歯細かく調整することが出来ます。

3,ホワイトワイヤー

ワイヤー自体が白く、審美性が高いです。ホワイトワイヤーにもニッケルチタンワイヤーやステンレススチールワイヤーがあります。

このように、様々なブラケット、ワイヤーから選択をすることが出来ます。審美面が種類によって大きく変わっていきます。気になることがあればご相談ください。

無料相談 24時間WEB予約

著者紹介

日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士 院長

院長 冨田 大介(日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士)

現在、矯正治療を受診する方法の多様化が進んでいます。幅広い矯正治療方法の中から歯並びや患者様のご希望に合わせた最適な治療法を選択しご提供できるのが、矯正治療専門の医師ならではの特徴です。 適切な治療を提供するために当院では、矯正専門の医師が、各分野専門の医師の在籍する一般歯科と連携し、最新の設備で矯正治療を行います。

詳細へ
LINE予約 WEB予約