アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科 | 大森駅すぐマウスピース・ワイヤー矯正専門医 アイコネクト大森矯正歯科
050-3138-3592
土日診療 大森駅バスロータリー前
LINE 予約 Web 予約

姿勢と歯並びの関係

コラム

姿勢と歯並びは関係するのか

かみ合わせは全身に大きな影響を及ぼしており、かみ合わせが悪いと体がバランスを取ろうとして歪み、結果として姿勢を悪くする場合があります。特に小児期は歯並びや顎の発育が進行する重要な時期であり、この段階でのかみ合わせの異常は姿勢に影響を与えると一般的に認識されています。一方、姿勢の悪さや生活習慣が原因でかみ合わせが悪くなるケースも少なくありません。猫背や足を組む、頬杖や悪い姿勢での寝方などはかみ合わせに大きな影響を与えます。このように姿勢と歯並びは深く結びついており、互いに影響しあう関係にあります。

顎の位置の変化: 姿勢が悪いことで顎の位置がずれます。これによって咬み合わせが悪くなり、歯並びに悪影響を及ぼします。

かみ合わせが姿勢に影響: かみ合わせの不具合は、顎関節や首周りの筋肉にストレスをかけ、全身の姿勢への悪影響が生じることがあります。

咀嚼筋の働き方: 正しいかみ合わせがないと、咀嚼筋のバランスが崩れます。これも全身の姿勢に影響を及ぼし得る重要な要素です。

添い寝授乳による顎位の側方偏位: 添い寝授乳を行うと、顎が側方に偏位します。側方偏位した顎位は添い寝授乳をやめることで改善することが多いです。

顎関節への負荷: 姿勢の崩れによって顎関節に負荷がかかり、顎関節症のリスクが高まります。

呼吸の変化: 姿勢が悪くなると、口呼吸が増えることがあります。口・呼吸は歯並びの悪化に影響します。

歯列不正と姿勢の関係

A. 叢生(そうせい)

叢生は歯の混み合いを指し、歯並びの問題になることが多い。特定の姿勢への影響は明確には証明されていないが、咬合不正による全体的なバランスの問題に影響する可能性があります。

B. 出っ歯

小児期の出っ歯は、上顎の成長の問題に起因することが多く、顎の位置が変わることで、顎関節にストレスがかかります。長期にわたり、姿勢の変化につながる可能性があります。

C. 反対咬合

通常の咬合と逆の位置関係にある咬合で、顎の成長や筋肉のバランスに影響があるとされています。特に顎関節に負荷がかかり、姿勢の変化につながることがあります。

D. シザースバイト

上下の歯が正常にかみ合わない状態で、特定の姿勢への影響は不明だが、顎関節の健康への影響があると考えられています。

E. 開咬

舌の癖などによって引き起こされることが多く、顎関節の機能に影響を及ぼすことがあります。

F. すきっ歯

すきっ歯自体が直接的に姿勢に影響を及ぼす証拠は少ないが、全体的な咬合の問題として考える必要があります。

G. 過蓋咬合

上顎の歯が下顎の歯を覆いすぎる状態で、顎関節に負荷がかかることがあります。

3. 複合的な健康への影響

歯並びの問題は単なる見た目の問題だけでなく、咀嚼や発音の困難にもつながります。さらに、自信の減少や心の健康への悪影響があります。

予防と対策

姿勢の矯正: 正しい姿勢を知ることが重要です。その上で適切なトレーニングを受ける必要があります。

歯科医院での定期的なチェック: 歯並びの問題は初期に発見すれば治療が容易です。歯科医院での定期的な検診が非常に重要です。特に、側方偏位などの顎の問題があれば、速やかに専門の歯科医に相談することをお勧めします。

まとめ

小児期は体の成長と発育の極めて重要な時期であり、この段階での歯並びの問題は姿勢にも影響を及ぼします。したがって、小児期のかみ合わせの問題は、早期に発見し、適切な時期に介入することが、全身のバランスと健康を維持する上で非常に重要となります。これにより、顎の成長や筋肉のバランス、呼吸の状態など、全体的な健康の基盤を築くことが可能になります。特に、小児期の成長の特性を理解した上での早期診断と治療は、将来の顎関節症や姿勢の不均衡などの予防にもつながります。

無料相談 24時間WEB予約

著者紹介

日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士 院長

院長 冨田 大介(日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士)

現在、矯正治療を受診する方法の多様化が進んでいます。幅広い矯正治療方法の中から歯並びや患者様のご希望に合わせた最適な治療法を選択しご提供できるのが、矯正治療専門の医師ならではの特徴です。 適切な治療を提供するために当院では、矯正専門の医師が、各分野専門の医師の在籍する一般歯科と連携し、最新の設備で矯正治療を行います。

詳細へ
LINE予約 WEB予約